児童文学系 小説新人賞 2021-2022

2021年3月6日

出版社枚数賞金
1/31みらい文庫大賞集英社40字×28行 50-70枚50万円
 テキストデータの場合3万文字~5万文字
 約3ヶ月ほどで、第二次選考通過作品以上には選評がつきます。大賞受賞者のデビュー確約。新人発掘と本を出そうという気迫に溢れています。web応募可です。対象年齢は、小・中学生。
 出版作品には、有名コミックのリバイバルやメディアミクスの一環など、集英社のブランドであることを活かした企画も多いです。
3/31児童文学新人賞講談社40字×30行 10-100枚50万円
 長い歴史があります。森絵都さんやはやみねかおるさんなどを輩出した賞です。大賞だけでなく、佳作も刊行される場合があります。選考過程や応募者の情報などもアップしてあり、応募原稿についても丁寧に説明があります。少し固いですがとても参考になるwebページです。
 他賞よりも対象年齢が広く、作風やターゲット層も幅広いです。短編連作も可となっています。
3/31児童文学ファンタジー大賞原稿用紙80~500枚100万円
大賞がめったに出ない賞です。そのかわり、佳作や奨励賞が選出されます。ちなみに、第1回大賞は梨木香歩さんです。主催は「絵本・児童文学研究センター」で、エンタメ系の児童文庫というより、THE児童書という雰囲気です。
2020年は佳作等を含めて受賞作がありません。
3/31ジュニア文庫小説賞小学館40字×28行 50-85枚50万円
 受賞者が活躍している印象があります。ノベライズ作品が多く、オリジナルの作品はまだ少ない印象です。変えている書き手がまだ少なく、新人賞受賞者を力を入れて育てようとしているのかもしれません。
6/30ジュニア冒険小説大賞岩崎書店150-200枚20万円
 応募数は100編程度ですが、複数の受賞作品が出ることが多いようです。
 実力ののある作家さんがわりと出ている印象で、受賞後に他社でも活躍している方がいらっしゃいます。
8/31 角川つばさ文庫小説賞角川書店40字×28行 70-100枚50万円
 応募受付期間があります。2020年7月1日(水)~2020年8月31日(月)。当日消印有効とのこと。最終からのピックアップデビューもある新人賞です。賞の応募も安定しています。Web応募はもちろん、『カクヨム』や『魔法のiらんど』からの応募も可能です。
9/30青い鳥文庫小説賞講談社40字×28行 20-80枚50万円
 受賞社が確実に続刊しています。短編連作でもOKなど、幅広く作品の募集をしてくれています。人気シリーズを多数もった、ジュニア文庫の名門です。
10/31ポプラズッコケ文学新人賞ポプラ社40字×28行 60-100枚100万円
 応募期間が大幅変更になっています(2019年は5月末日)。ご注意ください。「お腹を抱えて笑い、そして心から泣ける」児童文学作品が求められています。対象年齢は小学校高学年~中学生。
 賞がパワーアップしました。編集部賞ができ、web応募も可になっています。以前よりもさらに力が入っています。