中・高校生部門のある小説賞 2021-2022

2021年3月6日

出版社枚数賞金
1/10角川ビーンズ小説大賞 ジュニア部門角川書店50枚
 応募受付は2020年10月1日(木)~2021年1月10日(日)です。
 応募資格は2021年1月10日時点で18歳以下であること。
 (おそらく)ジュニア部門は今回が初なのではないかと。学年ではなく、年齢で区切ってありますので早生まれ(1/11以降に誕生日のある)の大学一年生まで応募可能のようです。
5/27ジュニア文庫小説賞小学館10-50枚5万円
応募が毎年固定ではないので、小まめにご確認ください!
2022年度の応募資格は「2007年4月2日以降生まれの方」とのこと。学年で区切っているようですので、年齢ではなくお誕生日でチェックを。
 賞金は図書カードです。枚数は原稿用紙なら10-50枚ですが、ワープロ原稿の場合は40文字×28行設定で5枚以上40枚以内。サイトをよく見て応募してください。
8/15高校生のための小説甲子園集英社15~30枚10万円
 文学賞というよりは、集英社主催の文芸コンクールといった雰囲気です。ただし、ブロックを勝ち抜くと東京の本戦へ招待されますし、優秀賞1名には賞金もあります。
 選考委員が湊かなえさんというのもすごいですね。
8/31角川つばさ文庫小説賞角川書店30枚まで
 応募受付は2020年7月1日~2020年8月31日です。
 こども部門があります。応募資格は「中学3年生以下」。応募規定に、原稿の体裁が丁寧に解説してあります。よく読んで、規定にしっかり合わせましょう。
 毎年開催されている賞です。受賞をはじめ、特別賞や入賞などたくさんの受賞作が出ます。冊子にまとめられるので、よい記念になりますね!
9/11 カクヨム甲子園2022KADOKAWA長編・短編
高校生限定の賞です。「募集開始時点で高等学校、特別支援学校高等部、専修学校等の各種学校の修業年限が高等学校と一致している生徒、又は高等専門学校の第3学年以下の生徒であること。」
長編/6,000文字以上、20,000文字以下の作品を募集します。
短編/400文字以上、4,000文字以下の作品を募集します。
9/30青い鳥文庫小説賞講談社40字×28行
80枚以内
2万円
 U-15部門があります。応募時点で中学3年生までが応募可能です。賞金は図書カードです。
 枚数も80枚(40字×28行)以内であれば自由とのこと。第3回までは、応募規定を守っていれば選評がついていましたが、つかなくなったようですね。

年齢不問の児童文学賞は↓から。

ときどき、オンラインノベルサイトでも高校生以下との年齢制限のある賞が開催されることも。